メレンゲが美味しいパブロバとイートンメスの違い

パブロバ

どちらも生クリームを主体とした海外の人気スイーツ、パブロバとイートンメス。フルーツがふんだんに使われている様は、まるで雪の上に落ちた宝石のよう。そんな2種類のスイーツですが、人気が出てきたからこそパブロバとイートンメスの違いが曖昧ですよね。本ページではこの2つの違いについて解説していきます。

  1. 目次
  2. パブロバとイートンメスの違い
  3. パブロバやイートンメスはヘルシー?
  4. パブロバやイートンメスは自分で作るとオトク!
  5. パブロバとイートンメス…どちらも絶品スイーツを是非食べてみて!

パブロバとイートンメスの違い

ヨーロッパやオーストラリアなどの国で、一般的に家庭で食べられている夢可愛いパブロバとイートンメス。どちらも生クリームやメレンゲを使用し、旬の果物やチョコレートなどをかけて食べられることもあります。

生クリームやメレンゲと合うようにイチゴなどの果物が使われることが多いため、その見た目は日本人に馴染んだショートケーキのようにも見えますが、パブロバやイートンメスは外がカリカリ、中はふわふわのメレンゲを使っているため、日本のショートケーキとはまた違ったスイーツです。

パブロバとは

パブロバ

パブロバは生クリームや、メレンゲ、その他お好みの果物やチョコレート、アイスなどがかかった美味しいアレンジ豊富なスイーツですが、そもそもパブロバとは20世紀初頭の世界で活躍していた「アンナ・パブロバ」というバレリーナがこのパブロバを好んで食べていたため、無名だったスイーツに彼女の名前を取ってパブロバと名づけられたようです。

一昔前はパブロバと言えばメレンゲや生クリームを合わせたものをパブロバと呼んでいましたが、現在では上記でも触れたようにアレンジの幅が広がり、アイスクリームやチョコレートを合わせたものも総称してパブロバと呼ぶようになりました。

そんなパブロバはタルトのように焼き上げたメレンゲに果物、ホイップクリームなどを混ぜることでパパッと作れるお手軽スイーツです。

イートンメスとは

イートンメス

パブロバの言葉を見聞きすると、多くの場合イートンメスというスイーツの名前も聞くことになりますよね。パブロバと同じ材料を使い、見た目にもほぼ差はありません。そのためパブロバとイートンメスを同じものだと認識する方もいますが、イートンメスはパブロバでも使うメレンゲを砕いて完成させていきます。

パブロバはメレンゲをそのままの形で使うのに対し、イートンメスはメレンゲを最初から敢えてぐちゃぐちゃにしてから使用するのです。そんなイートンメスも非常に昔から食べられているスイーツであり、イギリスのパブリックスクール、イートン校がハーロウ校とクリケット戦を行う際に提供されるスイーツでもあります。

パブロバやイートンメスはヘルシー?

見た目だけでは非常にカロリーが高そうなパブロバやイートンメス。少し食べるだけであっという間に太ってしまいそうに感じますが、実はパブロバやイートンメスは太りやすいバターや小麦粉を使用しない珍しいスイーツのため、一般的なケーキなどと比べるとヘルシーに食べられます。

お腹が重くならない軽めの食感なパブロバやイートンメスは、手軽に作れる上にグルテンフリーなのも魅力の一つです。

パブロバやイートンメスは自分で作るとオトク!

オシャレなお店でも食べられるパブロバやイートンメスですが、材料も少ない上に泡立てる、焼く、盛りつけるだけの作業工程で作れてしまうスイーツのため、少しの時間をかけてあなた好みのパブロバやイートンメスを作ってみるのも良いですよ。

材料

  • メレンゲ(市販のものを使っても◎) お好みで
  • 生クリーム 100cc
  • グラニュー糖 10g
  • イチゴやブドウなどの果物 適量

メレンゲを手作りしたい場合

  • 卵白 1個
  • グラニュー糖 80g
  • 塩 少々

お好みのトッピング類

  • ラズベリーやストロベリー・ミント 適量
  • レモン汁 適量
  • アイスクリーム 適量

レシピ

  1. メレンゲを手作りしたい場合は、まず下準備として天板にオーブンシートを敷いて予熱で130度に設定しておきます。もし焦げそうな場合は低めの100度に予熱しておきましょう。

    オーブンをセットしたらボウルに卵白を入れて泡立て、モコモコとした泡が立ってきたら塩を加えます。

    その後、砂糖を大さじ1杯ずつ加えて密度の高いメレンゲにしたら、オーブンシートの上に食べやすい一口サイズで落とし、100度に下げたオーブンで60分じっくりと焼いていきます。

    焼き上がったら15~30分程度そのままの状態にしておき、時間が経ったらオーブンから取り出します。(オーブンを100度の低めに設定していた場合は放置時間をもう少し長めに取るようにしてください。)

  2. ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて混ぜ、泡立てていきます。
  3. 生クリームがしっかりと泡立ったら半量お皿に盛り、メレンゲをトッピングした後、更に残った生クリームを乗せます。(盛り付けの際、イートンメスにしたい場合はメレンゲを砕いて果物や生クリームと混ぜても見た目綺麗に仕上がります。)
  4. お好みの果物をトッピングしたら出来上がりです。レモン汁などをかけると酸味も加わって更に食べやすくなりますよ。

※メレンゲは湿気を良く吸収してしまうため、準備したメレンゲはすぐに食べるようにしましょう。

パブロバとイートンメス…どちらも絶品スイーツを是非食べてみて!

白くふわっとしたメレンゲが乗ったパブロバとイートンメスは、近年じわじわと日本でも浸透しつつあります。見た目は雪のように白く美しいスイーツですが、見かけによらずヘルシーとは女性に嬉しい限りですよね。お好みの果物や旬の果物などをたっぷりかけて、ケーキよりも簡単なパブロバやイートンメスを堪能してみてくださいね!

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ