みんな大好きブロッコリーの効果って?和洋中に使える野菜の栄養素

ブロッコリー

食卓をより見栄え良くする緑黄色野菜であるブロッコリーは、料理の片隅に添え物として度々登場しますよね。時には他の食材と組み合わせて一品料理にもなるブロッコリーにはたっぷりと詰まった栄養素があることをご存じでしょうか。今回は体に嬉しい効果を持つブロッコリーについて触れていきます。

  1. 目次
  2. 美肌作りで名を馳せるブロッコリー
  3. ブロッコリーの栄養素から見たスゴイ効果
  4. もう軽視しない!ブロッコリーの凄い栄養素をフル活用していこう

美肌作りで名を馳せるブロッコリー

サラダや料理の添え物、チーズと合わせて焼いたオーブン焼きの脇役など様々な位置に存在する緑黄色野菜のブロッコリーは、あっさりでもこってりでも食べられる優秀な野菜ですよね。食卓に緑色をオンしてくれるブロッコリーは、見栄えが悪いときにも度々活用される野菜です。そんなブロッコリーは見た目だけではなく、しっかりと濃い野菜の味わいも楽しめるので冷蔵庫に冷凍保存している人も多いことでしょう。下処理して保存しなくても、今はスーパーなどであらかじめ冷凍されているブロッコリーが安価な価格で手に入るので多くの人がブロッコリーで料理の見た目と美味しさを守っています。

ブロッコリーのイメージと言えば…

野菜というカテゴリーの中でも特に近年栄養素の面から注目される緑黄色野菜は、体や健康に良いとテレビなどで頻繁に放送されていますよね。ブロッコリーももちろん緑黄色野菜の仲間なのでたくさんの栄養素が詰まっています。多くの人が知っている、または定着したイメージと言えば「美肌のサポート」をしてくれるという点でしょうか。ビタミンが豊富というイメージがありますが、案外その高い栄養素には何が含まれているのか知らない人も多いようです。

ブロッコリーに今一度注目を!

料理ではいて当たり前になってしまったブロッコリーですが、この野菜はアブラナ科アブラナ属になるイタリアで品種改良されたキャベツの一種です。

元々は花を食用としていたキャベツが産みの親であり、イタリアによって現在のあの姿に落ち着いたと言われています。炒める、煮る、焼くなどのあらゆる調理法にも適したその汎用性は、他の野菜とは比べ物にならないほど優秀です。

ただし、ブロッコリーは撥水性が非常にあるのでそのまま流水で洗う…ではなくボウルなどに水を張って逆さまにしてから15分程度浸しておくとホコリや虫などが綺麗に取れて衛生的に料理に使えますよ。

ブロッコリーの栄養素から見たスゴイ効果

スーパーフードなど体や美容に良いと言われる食品が次々と登場していることもあり、馴染まれすぎたブロッコリーは蚊帳の外という扱いです。しかし、昔から私たちの健康な体作りを支えてきた野菜の一つでもあります。そんなブロッコリーに含まれている栄養素には、周知されているビタミンCやビタミンA、ミネラル、葉酸、タンパク質、ポリフェノール、食物繊維、アミノ酸などスーパーフード並に豊富な栄養素がぎっしりと詰まっているのです。

上記で触れたブロッコリーの栄養素には驚かされますが、そのたっぷりと栄養素が詰まったブロッコリーだからこそ老若男女に必要な効果が数々得られるのです。

便秘改善

ブロッコリーから得られる効果には便秘改善効果が挙げられます。栄養素の面でもご紹介しましたが、ブロッコリーにはたくさんの食物繊維、それも「不溶性」の食物繊維が含まれているのでお腹に優しく頑固な便秘を解消する手助けをしてくれます。

がんの予防

ブロッコリーの栄養素で最も注目したい成分は、強力な抗がん作用のある「スルフォラファン」という成分です。豊富なブロッコリーの栄養素で元気の源を作ってくれるのですが、それ以上にこのスルフォラファンという成分は日本人の死亡例で多いがんを予防してくれるのです。

また、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜を摂取することによって「グルコシノレート」という成分の分解が行われ「イソチオシアネート」という成分に変化し、がんの予防にも良いのです。そのため、ブロッコリーはこの二方面からがんを予防する力を補ってくれます。

アンチエイジングで若々しく

ブロッコリーには上記でご紹介した分解して出来るイソチオシアネートという成分が抗酸化作用と活性酸素を取り除く効果を持っているため、抗酸化作用、そして肝臓機能などが高まって内側から若々しい体作りをサポートします。また、ポリフェノールの一種である「フラボノイド」という成分や、ビタミンやミネラルなどの成分も豊富に含まれているので肌を美しく保ってくれます。

ダイエット・筋トレに最適

あまり多くのカロリーを摂れないときや、ハードな筋トレをしているときはブロッコリーがおすすめです。たっぷりの栄養+ブロッコリーに含まれる「I3C」という成分は筋トレの効果をより高めてくれる作用があります。せっかく行った筋トレがムダにならないようにすることが大切なので、疲れた体にはブロッコリーを美味しく頂いて更に筋肉アップを目指していきましょう。

血圧上昇を防ぐ・ストレスの緩和

ブロッコリーから得られる効果には、血圧が高い現代人に嬉しい血圧上昇予防やストレス緩和効果です。ブロッコリーに含まれるマグネシウムやカリウムが血圧上昇予防に役立ち、豊富なビタミンCはストレスによって体内で分泌されるアドレナリンが多く使うビタミンCをしっかりと補ってくれるため、日々の忙しさにお疲れの人にも最適です。

もう軽視しない!ブロッコリーの凄い栄養素をフル活用していこう

ブロッコリーと言えばいつでも安価で手に入れることができるため、野菜の中でも格下のようなイメージを持っていた人も多いことでしょう。しかし、ブロッコリーは心身共に健康な生活を送る上でどれも重要な栄養素を豊富に含んでいることが分かりました。どんな味付けでも合うブロッコリーを更に美味しく毎日の食生活を取り入れてみてくださいね!

The post みんな大好きブロッコリーの効果って?和洋中に使える野菜の栄養素 first appeared on たべるご.

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ