酢の代用となるものって?いざと言う時頼れる代用の知恵

酢

夏の暑い季節などに食欲をアップさせてくれる酢は、料理に使うとグッと旨みを引き出してくれる調味料です。そんな酢は使いたいときに手元にない場合もありますよね。酢を使う料理は思った以上に豊富で、いつもと違った一品を出したいときに役に立ちます。今回は酢がないときに酢の代用となるものをご紹介していきます。

  1. 目次
  2. 切らしやすい調理酢
  3. お酢の代用になるものって?種類別に合う料理法とチェック
  4. お酢の代用になるものを知っておくと使える!

切らしやすい調理酢

調理酢を使った料理は酸味が際立つため、そう毎日食べていては飽きてしまう場合が多いでしょう。そのため、お酢を使った料理はあまり食べないという方も多いですが、たまに使う程度ではいざお酢を使いたいときにないこともあります。

お酢は非常に豊富な種類がありますが、料理に使うお酢は基本的に米酢や穀物酢などです。人によっては黒酢やリンゴ酢を料理に使うという場合もあるかもしれませんが、お酢を使用する場合、ほとんどが米酢や穀物酢などを選ぶことが多いでしょう。

一般的なお酢の味わい

お酢を代用できないかと考えた場合、まずは普段使っていたお酢の味わいを思い出す必要があります。

米酢は原料が米となっているため、まろやかな優しい舌触りを感じられます。
穀物酢は原料が小麦やとうもろこし、酒粕になっているため、自然な味わいが広がり、爽快感溢れるお酢になります。

どちらも美味しいお酢ですが、例えば米酢が常備してあり、穀物酢を使用したいがない場合は米酢で代用することができ、反対に穀物酢を常備していて米酢を使いたい場合は、穀物酢で代用が可能です。

しかし、口にしてみるとお互いの味わいや風味は異なります。米酢の方はコクがあり、味の深さを感じ取れますが、穀物酢はややコクを感じられません。細かい味の違いを気にしなければ、どちらも代用として使用することが可能です。

ポン酢やみりんはお酢の代用に不向き

お酢の代用を知る前に、まずはお酢の代用として不向きなものから知っていきましょう。冷蔵庫などで多くの方が常備しているポン酢やみりんなどは、よくお酢の代用として使えるという情報もありますが、ポン酢はそもそも醤油などが含まれているため適切ではありません。

ポン酢は酸味はありますが、お酢が必要となるレシピでポン酢を使うのは避けた方が良いでしょう。また、みりんは和食に欠かせない調味料ですが、みりんは砂糖が入っているため、お酢としての役割はほぼ期待しない方が良いでしょう。

お酢の代用になるものって?種類別に合う料理法とチェック

お酢の代用となるものでパッと思いつくのは、酸味がたっぷりのレモンなどでしょう。家庭で使う調味料の中では、中々お酢と同等の味が出せるものは思いつきませんから、下記からお酢の代用となるものをチェックしていきましょう。

レモン汁(ポッカレモン含む)

お酢の代用となるものでまっさきに思い浮かぶのはレモンなどの柑橘系でしょう。レモンがある場合は搾ったものを代用としてお酢に代用にしたり、ポッカレモンなどの既に液体状になっているものがあればそれでも代用することはできます。

お酢の風味が苦手という方もいるため、そういった方はレモン汁などで代用するのも良いですね。しかし、レモン汁は酢飯を作る際の代用には不向きです。酸味を与えたいだけの目的で使うなら問題ありませんが、お酢の風味が必要になる料理には向いていません。

また、ポッカレモンなどは通常のレモン汁より酸味が強く作られています。初めは少量ずつ使い、調節して使用するようにしましょう。レモン系をお酢の代用に使用する場合、ドレッシング作りや洋食、イタリアンなどに使うなどの使い方をすると失敗がありません。

黒酢

酢と付くもので比較的イメージしやすいのは黒酢です。黒酢もお酢の代用として使用することができますが、黒酢と相性が良いのは煮物や酢豚などの和食です。

色味が強く、コクがあるため、特徴を生かせる料理に加えてみると良いでしょう。コクのある上品なお酢ですが、サラダなどの味がダイレクトに出るものとは相性が良くありません。

スダチ酢

さっぱりとした風味を持つスダチ酢もお酢の代用として使用可能ですが、スダチ酢も黒酢と同様に和食として使うと上手に代用ができます。いなり寿司に詰める酢飯としても良いですし、煮物や南蛮漬けなどの料理に加えても味を邪魔することはありません。もちろん風味を生かしてサラダにかけるドレッシングの材料として使ってもOKです。

カボス汁

スダチ酢と似たようなものと感じている方もいますが、カボス汁は柑橘系の香りや風味を強く感じるため、使う料理を間違えると果実臭が不快に感じることがあります。カボス汁をお酢の代用として使う料理は、南蛮漬けや煮込み料理、ドレッシングの材料や香り付け程度に留めたソース作りなどに使うと良いでしょう。

リンゴ酢

リンゴ酢もフルーティーな良い香りがするお酢ですが、お酢の代用として使用する場合は、和え物やサラダ、野菜漬け、肉類を使った煮物などが良いでしょう。リンゴ酢は比較的様々な料理と相性が良いため、和食と洋食どちらも使えることが多い便利なお酢です。

ワインビネガー

お酢の中では少々難易度が高いワインビネガーは、ブドウを原料としているためリンゴ酢と同様に果実感を感じる種類のお酢です。ワインビネガーをお酢の代用として使う場合は、マリネやステーキソースなど洋食を中心とした料理に代用するようにしましょう。和食に使ってしまうとフルーティーな風味が邪魔して思い浮かんだ味の仕上がりにするのは難しいと言えます。

バルサミコ酢

コクと酸味があるバルサミコ酢もお酢の代用として使うことができます。上記でご紹介した代用品より見た目が異なる種類になるため、使うときに困惑してしまうこともありますが、料理には非常に幅広く使用することができます。バルサミコ酢も原料はブドウで、風味は果実のように感じられますが、煮物や炒め物、ドレッシングやソースなど和食洋食問わず役立ちます。バルサミコ酢は加熱すると甘みがアップし、酸味も抑えられるため、強い酸味が苦手な方にも食べやすいお酢になるでしょう。

お酢の代用になるものを知っておくと使える!

お酢の代用についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。いざ使いたいというときにお酢を切らした経験は、多くの方がしてきたことでしょう。代用になるものを知識として持っていれば、いざというときに役立ちます。しかし、お酢の代用になるものはたくさんありますが、本物のお酢は殺菌作用や臭みを取ったり、肉や魚の骨まで柔らかくする作用を持っているため、なるべくお酢は切らさないようにしたいものですね。

The post 酢の代用となるものって?いざと言う時頼れる代用の知恵 first appeared on たべるご.

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ