横浜市立大学木原生物学研究所産の大麦使用のクラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター) SAKURA」を限定発売

横浜市立大学木原生物学研究所産の大麦使用のクラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター) S... 画像

横浜市立大学木原生物学研究所で栽培した大麦を使用して製造した、春の限定クラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター) SAKURA」が3月13日(金)より限定発売されます。木原研究所産の大麦使用のクラフトビールの発売は、2017年5月に初めて発売した「KORNMUTTER 麦畑の精霊」、2019年11月に発売した「KORNMUTTER 豊穣のしるし」に続く第3弾となります。

同商品は、神奈川県厚木市のサンクトガーレン有限会社の協力を得て、横浜市にある木原生物学研究所の舞岡圃場で収穫した大麦品種ミカモゴールデンを原料とし、みらい麦畑化計画の研究プロジェクトの一環で醸造。桜の花と葉を使用した桜餅風味のビールです。

コルンムッターとは“麦畑のお母さん”という意味。学生とともに成長した麦から同商品は生まれました。また、売上の一部は、横浜市立大学のYCUサポート募金としてその取り組みに使われます。

原材料は麦芽、楽風舞(酒米)、ホップ、さくら。アルコール度数は5%。330ml瓶で希望小売価格は460 円(税抜)。販売はサンクトガーレン公式ネットショップ、ファミリーマート金沢八景駅前店、クイーンズ伊勢丹横浜店ほか。販売数は1,500本。単品販売に加え、「KORNMUTTER 豊穣のしるし」との特別ギフト販売も行う予定です。

【関連ページ】サンクトガーレン

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ