殻付きハトムギの食べ方とは?美しさの秘訣を作る殻付きハトムギを積極的に使ってみよう

ハトムギ

毎日の食事ではバランス良く全ての栄養素を摂取し続けることは大変難しいことですが、健康な体作りのためには出来るだけ良いものを口にしたいですよね。そんな栄養が不足しがちな体には、殻付きハトムギを取り入れてみましょう。本ページでは殻付きはとむぎの食べ方についてご紹介します。

  1. 目次
  2. ハトムギとは
  3. ハトムギの具体的な効果
  4. 殻付きハトムギの食べ方
  5. 入手できたら試したい栄養たっぷりの殻付きハトムギ

ハトムギとは

お茶のCMでもお馴染みのハトムギとは、イネ科の植物です。見た目が酷似しているジュズダマと実は同じ種類の穀物であり、品種改良して作物化したものがこのハトムギなのです。殻付きのハトムギはそうそう目にかかることが少なく、ハトムギを使用するなら加工された市販のものを手に取ることが多いでしょう。そんなハトムギは黒っぽい形をしていて平べったい楕円形をしているのが特徴です。

殻付きハトムギの栄養が高い!

お茶や化粧品、加工食品まで幅広い商品となるハトムギは、元々黒っぽい姿をしていることをご存じなかった人も多いことでしょう。そんなハトムギは市販されている精白されたものからでも栄養を取り入れることができますが、そのままの形を保つ殻付きのハトムギであればさらに栄養を体に取り込むことが可能です。殻付きの状態であれば殻の部分に多く含まれる利尿作用などを実感できることでしょう。

殻付きハトムギは食べるまでが大変

収穫後、加工された市販品はすぐに使うことができ便利ですが、殻付きとなると自分の手で一つ一つ殻を剥いていく必要があります。難点なのがハトムギの殻は非常に硬いということ。素手のみで剥くのには時間も労力も相当費やすことになるので、ペンチなどの道具を使って殻に切れ込みを入れながら剥いていきましょう。

ハトムギの具体的な効果

化粧品やお茶、食品など効果が高いからこそ幅広く様々な商品となっているハトムギ。外側からも内側からも健康に美しさを保つ魅力は広く知られていますが、具体的にもっとどんな効果があるのか知っておくと良いでしょう。

美肌作り

ハトムギを取り入れる上で重視したい効果はやはり美肌効果でしょう。ハトムギは皮膚全体の代謝を良くして細胞のめぐりを良好にし、循環して新しい皮膚の生まれ変わりを助ける効果があります。もちろんニキビ肌にも同様に新しい皮膚の生まれ変わりを促進するため肌荒れにお悩みの人に最適です。また、シワやシミ、美白効果まで得られるので老化対策目的に使用してもOKです。

イボの治療

ハトムギと言えば皮を剥いた種子であるヨクイニンが漢方薬としてお馴染みですよね。実際にハトムギを食べ続けるだけでイボが綺麗になくなったという例もあるほどですからハトムギ=イボの治療という定義が出来上がっているほどです。

ヨクイニンSは民間で親しまれているハトムギの種皮を取り除いた種子(ヨクイニン)からエキスを抽出し,飲みやすい錠剤にしたものです。
ヨクイニンは中国の「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」などの薬物書に収載され,古来漢方の要薬とされてきました。
栄養価が高く,全身の水分のめぐりをよくし,水毒(すいどく)体質の改善をはかり,清熱排膿(せいねつはいのう)の働きがある生薬で,お肌のあれや,イボに用いて効きめがあります。

アレルギー性皮膚炎

辛い症状が続くアレルギー性皮膚炎は本当に何とかしたいものですが、そんなときにもハトムギがおすすめです。ハトムギにはアトピー性皮膚炎などの何度も繰り返し起きる皮膚炎にも効果的で、夏場はジュクジュクとした皮膚に使用し、冬場の皮膚が突っ張るほどのカサカサのお肌にも使用可能です。子供でも大人でも関係なく使うことができるのが嬉しい点でしょう。

殻付きハトムギの食べ方

存在自体はそこまで珍しい穀物ではないのですが、身近すぎて食品についてはあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。さらに殻付きハトムギともなればどういった食べ方が理想なのか分からないですよね。殻付きハトムギだけではなく、殻が剥かれたタイプでも同様の食べ方ができますよ。

ご飯に混ぜて炊く

ハトムギを毎日の生活の中で簡単に取り入れるという食べ方をするのであれば、ご飯と一緒に炊くという方法を取ってみましょう。ただし、殻付きハトムギは非常に硬いので、事前に水に1時間程度浸けとく必要があります

もし浸水の過程に時間が取れない場合は、細かくした市販のものや粒が小さいものを選ぶと良いでしょう。しっかりと浸水させたらあとはご飯と一緒に炊くだけです。初めて食べるという人は念のため蒸らす時間を長くしておくと食べる際に支障なく楽しめます。

ハトムギの加工食品もある

食べ方が難しい殻付きハトムギですが、一つ一つ剥いて1から調理するのは現実的ではないと感じている人もいますよね。時間や余裕もないという人は殻付きの状態ではなくなってしまいますが、ハトムギをシリアルやグラノーラといった加工食品に変えたものも販売しているので、そういったものからハトムギを摂取する選択肢もあります。

国産はと麦 ハトムギ 150g スナックタイプ

甘くもしょっぱくもない香ばしいハトムギです。そのまま食べるのは飽きてしまうのでサラダやアイスクリームに混ぜて食べたらいいですよ。

もっと手軽に食べるならサラダやヨーグルトにトッピング

ハトムギをさらに手軽に食べる方法としては、サラダやヨーグルトにトッピングして使うことでしょう。サラダやヨーグルトなら制限をしてお米などの炭水化物が食べられないという人でも毎日口にすることができます。ハトムギの食べ方には色々あるのでお好みの食べ方で楽しむと良いですよ。

入手できたら試したい栄養たっぷりの殻付きハトムギ

自力では中々入手困難な殻付きハトムギですが、市販で購入すれば手軽に安全なハトムギを試すことができます。健康と美容に良いハトムギは常食して損はないですから体の内側から元気になりたいという人は是非試してみてはいかがでしょうか。

The post 殻付きハトムギの食べ方とは?美しさの秘訣を作る殻付きハトムギを積極的に使ってみよう first appeared on たべるご.

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ