山梨県産の桃をふんだんに使用した限定醸造「Far Yeast Peach Session」発売

山梨県産の桃をふんだんに使用した限定醸造「Far Yeast Peach Session」発売 画像

Far Yeast Brewingが8月8日(木)より、クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造「Far Yeast Peach Session(ファーイースト ピーチセッション)」を発売します。山梨県産の桃をふんだんに使用した夏にピッタリのフルーツエールです。

同商品では、傷がついてしまったり熟れすぎてしまったはねだし(規格外)の桃を使用し、同社醸造チーム総出で約5時間かけてピューレ状に加工されました。ビールの仕込み前日に収穫されたばかりの2019年のフレッシュな桃と、一部2018年に収穫された桃、合計430kgを贅沢に使用しています。

桃は山梨市の人気カフェ「桃農家カフェ ラ・ペスカ」を運営している桃農家「ピーチ専科ヤマシタ」のもので、同社では「ピーチ専科ヤマシタ」の桃を、3月に発売した「Far Yeast Peach Brut」をはじめとした限定醸造商品に毎年使用しています。

価格はオープン価格。原材料は桃、大麦麦芽、糖類、ホップ。アルコール度数は4.8%。樽とボトルの2種類で展開予定。なお、樽は7月26日(金)から8月4日(日)まで開催中の「地ビールフェスト甲府」で先行開栓しています。

【参照ページ】限定醸造「Far Yeast Peach Session」を発売 « Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)
【関連ページ】Far Yeast Brewing

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ