サンクトガーレン、チョコビール4種を2020年1月9日より数量限定発売

サンクトガーレン、チョコビール4種を2020年1月9日より数量限定発売 画像

サンクトガーレンは2020年1月9日、4種類のチョコレート風味のビールを一斉に発売します。ビールの原料だけでチョコレート風味を引き出したビールです。

発売するのは、販売15年目となる「インペリアルチョコレートスタウト」をはじめ、2種類のミントを使用した2020年限定チョコビール「ダブルミントチョコレートスタウト」、オランジェをイメージしたビール「オレンジチョコレートスタウト」、黒ビールにバニラの香りを溶け込ませた「スイートバニラスタウト バレンタインラベル」の4種。

「インペリアルチョコレートスタウト」は2006年より毎年バレンタインシーズン限定で販売されています。通常の黒ビールの約3倍の材料を使用した濃厚な味わいの黒ビールです。「まるで飲むビターチョコレートケーキ」との感想があるほど、固く真っ黒でシェイクのような泡を楽しめます。アルコール度数は9%と一般的なビールより高くなっており、ワインのように2年間熟成できます。原材料は麦芽とホップ。瓶容量330mlでアルコール度数は9%。価格は600円(税抜)。

インペリアルチョコレートスタウト

インペリアルチョコレートスタウト

「ダブルミントチョコレートスタウト」は、2種類のミントを使用した2020年限定のチョコビールです。1口目はなめらかで濃厚なチョコビールですが、2口、3口と飲み進めていくとミントの清涼感がアップし、飲み終わるころには口中がミントの爽やかな余韻でいっぱいになります。原材料は麦芽、ホップ、ペパーミント、スペアミント。瓶容量330mlでアルコール度数は7%。価格は500円(税抜)。

ダブルミントチョコレートスタウト

ダブルミントチョコレートスタウト

「オレンジチョコレートスタウト」はオレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子「オランジェ」をイメージしたビールです。マーマレードの原料である橙(だいだい)オレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮。それをビールのもとになる麦汁に合わせて発酵させています。使用している橙は神奈川産で、オレンジの皮も実も丸ごと使用しているため、マーマレードのような柑橘の皮の苦味が後味に残ります。原材料は麦芽、麦、ホップ、オレンジ、ラクトース。瓶容量330mlでアルコール度数は6.5%。価格は500円(税抜)。

オレンジピール

オレンジピール

オレンジチョコレートスタウト

オレンジチョコレートスタウト

「スイートバニラスタウト バレンタインラベル」は、エスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませたビール。通年販売されていますが、バレンタインラベルで登場です。エッセンスなどの人工物は添加せず、一流パティシエも使用するパプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。飲み口は甘くまったりで、バニラチョコのような後口の甘くまったりとした飲み口を楽しめます。原材料は麦芽、ホップ、バニラ。瓶容量330mlでアルコール度数は6.5%。価格は460円(税抜)。

1本1本切り込みをいれたバニラ

1本1本切り込みをいれたバニラ

スイートバニラスタウト  バレンタインラベル

スイートバニラスタウト バレンタインラベル

今回発売されるチョコビール4種は、同社ウェブサイトのほか、2020年1月10日(金)から19日(日)まで行われる東京ドーム「ふるさと祭り東京2020」のサンクトガーレンブースでも購入できます。

【ウェブサイト】バレンタイン特集トップ | 元祖地ビール屋【サンクトガーレン】
【関連ページ】サンクトガーレン

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ