人気のビアパブをお得に巡る!“東京の北の方”でクラフトビールのスタンプラリーが開催中

人気のビアパブをお得に巡る!“東京の北の方”でクラフトビールのスタンプラリーが開催中 画像

“東京の北の方”で、クラフトビールをお得に飲めるスタンプラリーが開催中です!
板橋区・豊島区・北区のビアパブ等6店舗を巡ってスタンプを集めると、このプロジェクトを主催している「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」(板橋店)で1パイントがフリーに。この機会に城北エリアの注目ブルワリー・ビアパブを訪れてみませんか?

東京・城北エリアでスタンプラリーがスタート!

東京・板橋区に醸造所を構えるブルワリー、TOKYO ALEWORKS(トウキョウエールワークス)は、“東京の北の方”にあるブルワリーやビアパブを巡るスタンプラリー「NORTH TOKYO STAMP RALLY」を企画。2021年1月、東京の城北エリアの一部、板橋区・豊島区・北区にある注目店計6店舗でプロジェクトをスタートしました。

ポートレート

TOKYO ALEWORKSの製造・品質・タップルーム責任者、ボブ・ストックウェルさん

2回目の緊急事態宣言が発令され時短営業で苦戦しているお店もある状況で、クラフトビール界を盛り上げる企画として立ち上がった「NORTH TOKYO STAMP RALLY」。発案したのは、TOKYO ALEWORKSのビール醸造とタップルームの責任者、ボブ・ストックウェルさんを中心としたチームです。

「近所のブルワリーやビアパブ、ショップとはもともと交流があって、仲間なんです。コロナ禍の中で何かできないか、と考えて始まったのがこのスタンプラリーです」(ストックウェルさん)

「NORTH TOKYO STAMP RALLY」は、お店にとっても、不要不急の外出を自粛する生活が長引いている消費者にとっても、嬉しいプロジェクトとなっています。

ルールはシンプル!各店で6パイント飲むと主催店で1パイント無料

「NORTH TOKYO STAMP RALLY」のルールはシンプル。“GRAB 6 PINTS AND GET 1 PINT FREE!” 参加各店で1パイントずつ、計6パイントのクラフトビール飲んでスタンプを集めると、「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」(板橋店)で1パイントのビールが無料となります!

スタンプラリーカード

「NORTH TOKYO STAMP RALLY」のスタンプラリーカード。参加できるのは1人1回。カードの枚数には限りがあるので、早めにゲットしたい

ルールの詳細をご紹介しましょう!

NORTH TOKYO STAMP RALLYのルール

1. 参加各店舗(下記に詳細あり)でスタンプラリーカードをゲット。
※お1人様カード1枚まで

2. 参加各店舗のタップルーム全てを巡り、パイント1杯を注文の上、スタッフにスタンプを押してもらう。

3. スタンプが6つたまったら「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」(板橋店)にてスタンプラリーカードと引き換えに1パイントをサーヒス。
※スタンプラリーカードの有効期限は2021年3月31日まで。
※予定枚数を配布次第、スタンプラリーカードの提供は終了となります。

NORTH TOKYO STAMP RALLY参加店舗

参加店舗は6店舗とも注目の店ばかり。ロケーション的には近いので、頑張れば歩いて巡ることも。スタンプラリーカードの裏側にはルートMAPをリンクしたQRコードが準備されています。

参加6店舗のご紹介です!

クランクビール

2018年開業のマイクロブルワリー。醸造所併設の「さかみちタップルーム」でフレッシュなオリジナルビールとゲストビールが楽しめます。
最寄り駅:都営三田線板橋区役所前駅 徒歩5分
【公式サイト】クランクビール

TITANS CraftBeer Taproom&Shop

クラフトビールインポーターのAQベボリューションとビアキャッツが運営する輸入クラフトビールショップ。タップルームでは国内外のクラフトビールと自慢の餃子を提供。
最寄り駅:JR大塚駅、都電荒川線大塚駅前駅 徒歩2分
【公式サイト】TITANS CraftBeer Taproom&Shop

スモークビアファクトリー大塚店

NAMACHAんBrewing併設のビアパブ。自社醸造のフレッシュなオリジナルビールと国内外のゲストビールがオンタップ。できたて燻製料理とのペアリングも楽しめます。
最寄り駅:JR大塚駅、都電荒川線大塚駅前駅 徒歩2分
【公式サイト】スモークビアファクトリー大塚店

ビアプラスプラス(Beer++)

十条すいけんブルワリー併設のビアパブ。自社栽培の野菜を使ったサラダなどビールに合う料理もおすすめ。開業は2014年、スタンプラリー参加店の中では1番キャリアの長いお店。
最寄り駅:JR十条駅すぐ
【公式サイト】ビアプラスプラス

Let’s BEER WORKS

2020年3月オープンのブルワリーで、タップルームは週末のみオープン。店内利用の状況については公式サイトやSNSで最新情報をチェックしてください。
最寄り駅:JR東十条駅 徒歩2分
【公式サイト】Let’s BEER WORKS

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(板橋店)

TOKYO ALEWORKSが醸造する多種多様なスタイルのオリジナルビールをラインナップしているタップルーム。ボリューム感のあるハンバーガーやプレッツェルのサンドイッチも美味。スタンプラリーをコンプリートした後、フリーの1杯を飲めるのはこのお店。
最寄り駅:JR板橋駅、東武東上線下板橋駅 徒歩2分
【公式サイト】TOKYO ALEWORKS TAPROOM

出かける前に、最新情報をチェック!

「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」の店舗スタッフによると、スタンプラリーが始まってから「すでにかなり反響をいただいています」とのこと。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM板橋店の店舗スタッフ

「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」(板橋店)の店舗スタッフ、月(ルナ)さん(右)と夕奈さん。夕奈さんはスタンプラリーカードのデザインを担当

6店舗は近所にあるため、一気にコンプリートする猛者もいるそう。「週末だけオープンしているお店もあるので、土日で全部巡られる方も多いです」(スタッフ)。緊急事態宣言による時短営業の継続や、急な営業時間の変更などもあるかもしれません。タップリストの確認も含め、お店に行く前に各店のホームページやSNS をチェックしてからお出かけください。

醸造家同士の約束ごと、“ブルワーズコード”

「僕たちブルワーの一番の目的は、おいしいビールを作ること。ビジネス上では競合他社であっても、醸造技術についてわからないことや困ったことがあればお互いをヘルプし合っていいものを作ろうという、お約束のような、おきてのような、“ブルワーズコード”というものがあるんです」(ストックウェルさん)

もともとウイスキーの世界で醸造を学んだストックウェルさんは、ブルワー同士が技術や素材を共有して助け合うケースを何度も経験してきたと言います。それはビール業界も同じ。今回、クラフトビール業界全体を盛り上げたいという思いで、TOKYO ALEWORKSがサービスの1杯を提供しています。“ブルワーズコード”に敬意を表したいですね。

TOKYO ALEWORKS TAPROOMの店内

「TOKYO ALEWORKS TAPROOM」(板橋店)の店内

不要不急の外出や遠出を控えるように要請されている状況下で、地元のお店や、限定されたエリアのお店を巡るスタンプラリーはお客さんとしても嬉しい企画でしょう。「住んでいる地域で、歩けるくらいの距離にこんなお店があるんだ、ということに気付いてもらうきっかけにもなっています」(ストックウェルさん)。

スタンプラリーカード

「どの店もビールのクオリティは間違いない」とストックウェルさんが太鼓判を押す、“東京の北の方”のブルワリーやビアパブを、この機会に巡ってみてはいかがでしょうか。

The post 人気のビアパブをお得に巡る!“東京の北の方”でクラフトビールのスタンプラリーが開催中 first appeared on クラフトビールの総合情報サイト My CRAFT BEER.

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ