サンクトガーレン、「ふるさと祭り東京2020」でクラフトビールの福袋を販売中

サンクトガーレン、「ふるさと祭り東京2020」でクラフトビールの福袋を販売中 画像

サンクトガーレンは、1月10日から19日まで東京ドームで開催中の「ふるさと祭り東京2020」でクラフトビールの福袋を販売しています。2017年に初めて発売して以来、用意された100袋は毎年完売するほど好評です。

福袋は、17種類のクラフトビールからランダムで4本と、パイントグラスや保冷バッグなど非売品のオリジナルグッズの中から1品以上をセットにしています。運がよければ1月9日に発売された「チョコレートビール」や、1本1000円超の「麦のワイン」が入っているかもしれません。

「チョコレートビール」はビールの原料だけでチョコレート風味を引き出したビール。麦芽を約160度の高温で焙煎することからほろ苦さを引き出しています。そして、「麦のワイン」は、ビールでありながらワイン並みの高アルコール度数である10%で、ワインのように年単位で長期熟成できます。

サンクトガーレンのクラフトビール福袋は2,500円(税込)。1日10袋、10日間で計100袋の販売です。東京ドーム「ふるさと祭り東京2020」内B-88サンクトガーレンブースで販売中です。

【ウェブページ】ふるさと祭り東京2020 公式サイト
【関連ページ】サンクトガーレン

バーターニュースアプリ

バーターニュースのアプリが登場。インストールするだけでサクサク読むことができます。
ダウンロードはこちらから!

バーターニュースアプリ